手術日が決定しました

先日、会社を休んで、手術を受ける病院へ行ってきました。
総合病院の産婦人科だったので、産科も当然あり、妊婦さんがたくさんいました。
前までなら、妊婦さんを見るだけで、泣きそうになるくらいだったけど、なんだか、もう落ち着きました。

多分、主人との話し合いで、不妊治療を続けない、という選択をすることにしたからだと思います。

不妊治療のゴールは、妊娠だけではない、と今回つくづく思いました。
妊娠しなくても2人の生活を充実させることはできるから。
そりゃ、子どもは欲しいと思いますが、ここまで来たら、仕方ない。
一応、不完全燃焼だけど、やるだけのことをやったから、もういいや、って気持ちです。

って話が反れましたが、手術のこと。
やはり、この病院でも内診であまりにも大きいのう腫なので、早く取ったほうがいいでしょう、ということでした。
幸い、この病院では腹腔鏡での手術でよいということだったので、入院期間は、1週間程度で済みそうです。
時期も12月末なので、みんな年末浮かれで仕事もあまりないはず、と思っています。

腹腔鏡でも全身麻酔になるので、事前にいろいろと検査は必要になるそうです。
なので、手術までに何度か会社を休んで病院へ行くことになりそうです。


最近、左の卵巣が大きく腫れていると思っているせいか、下腹部の痛みを感じることがあります。
さっさと手術で取ってしまって、楽になりたいです。

この記事へのコメント